kz.com

まったりサラリーマンをやってるカズさんが好きなジャンルの最新情報やレビューに余計な情報を追加して情報発信してゆくページです。

9月終わりを迎え、いよいよ1年最後の3カ月がスタートしようとしている中、いよいよ各キャリアも秋冬 or 冬春の新作スマホ発表会が控えております。各キャリアが新製品発表を行い、前回ご紹介したXperia Z5等注目の端末もリリースが決定し、クリスマスに向けて盛り上がりを見せています。

今回はキャリア系の製品ではなく、MVMOと呼ばれる格安SIMメーカーが取扱いを行う機種の秋冬注目のスマホをご紹介していきたいと思います。 

①freetel Katanaシリーズ
9a73efd98ebc631027cd258f84d6a71c

今年のMVMO市場は既存のandroid/iOSではないOSを搭載した「第3極」のリリースが多く、まさに日本市場における新時代の幕開けが静かに起こっています。その一旦を担っているのがMicrosoftがリリースしているモバイル向けOS「Windows OS」です。海外市場では旧Nokia(現Microsoft) Lumiaシリーズを筆頭に主に新興国で1万円前後の端末をばらまき一定のニーズを獲得していますが、それでも全世界のシェアで言えば数%と寂しいものになっています。
日本市場では他社に先駆けてマウスコンピューター社がWindows 8.1 Mobileを搭載した「MADOSUMA」を発表し、日本でWindows 8以降のスマホ向けOSを搭載したスマホのリリースとなりましたが、2015 秋冬モデルでは更に新しいOS「Windows 10 」を搭載したスマホを格安SIMでもお馴染みのfreetel社がリリースします。
一時期他社のハードウェアのベースを使用して自社製品を製作していたのですが、近年は完全にオリジナルの特徴的な製品をリリースしているハードウェアでも特徴のあるアプローチを行っているメーカーです。
freetelの製品は「SAMURAI」や「MIYABI」など純日本的な名前をつけているのも特徴的なのですが、同社初のWindows製品は「KATANA」という名前でリリースされます。
KATANA01とKATANA02の2製品をリリースするのですが、Windows製品の特長でもある「価格の安さ」は折り紙付きでKATANA01に関しては19800円、少しスペックアップしたKANATA02でも29800円と素晴らしく高いコストパフォーマンスを発揮しています。
スペックはお世辞にも高いとは言えませんが、Windows PCとピュアに同期出来る利点もありますし、現行スマホのスペックを持て余している人には正直充分なスペックだと思います。

リリース時期はまだ発表されていませんが、間違いなくこの冬にはリリースされるはずなので(日本で最初にWindows 10スマホをリリースすると言った以上、出してくるはず)お手に取る機会があればぜひ一度触る価値のある製品だと思います。

②FOX Inc/エックスモバイルBlackberry Classic/Blackberry Passport
BlackBerry-Classic-Photo-1
何度かご紹介させていただいていますが、第3極としてもう一つ存在しているOSが「Blackberry OS」です。世界シャアではすっかりWindowsにも抜かれ、TOP3からも陥落していますが、筆者をはじめ根強いファンが今でもいる事は間違いありません。
日本での技適取得に伴い、エックスモバイル(もしもシークス)がリリースを発表し予約受付を行っていましたが、元々リリースを予定していた9月初旬には間に合わず、遅れて1次出荷が行われ、10月に2次出荷がスタートしたのですが、現在は在庫ショートにより一時販売停止中となっています。
そんな中、FOX Incという会社がBlackberry社と正規再販総代理店の認定を受け、いよいよClassicだけでなく、Passportも10/14からリリースを開始しました。
Passport_black_front
Fox Inc
Fox Inc HP

以前の記事でもお伝えしたのですが、Blackberry Classicの技適取得の際に、Passportも連番で取得をしていた為、おそらく取得済みと思われておりましたが、やはり取得していたようです。
これで先日発表されたBlackberry Privが日本投入されるとほぼ全ての最新ラインナップが日本に導入されることになり、Blackberryファンからすると大興奮の展開になってきました。

仕様的にはそれぞれ1世代前の仕様にはなりますが、Blackberryのファンであれば何も問題ありませんし、何よりもう一度安心して国内使用が出来る事が一番の朗報かと思います。
Blackberry Classicが¥49,800、Blackberry Passportが¥64,800からアナウンスされております。
FOX社で現在購入すると純正ケースと専用フィルムも付いてくるため、コストパフォーマンスはかなりいいかと思いますので、今が買いかと思います。

SIM Free市場ではAndroid系だとHuawaiやASUSなどアジア勢が非常に攻勢を強めており、最近ではauでお馴染みだったhtcが再参入するなど、プレイヤーが増えてきており非常に面白い市場になっています。
しかし、せっかくキャリアではないスマホを使うならOSもキャリアでは手に入らない端末で楽しんでみるというのも1つの楽しみ方ではないかと筆者は思っています。ぜひご紹介した端末も手に取って一度楽しんでみてください。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック